ハーブ薬局の活動内容

健康貢献と地域貢献をテーマに

近隣の3件の医療機関を中心に処方箋をうけつけて調剤対応しています

受付、処方内容のレセコンへの入力、調剤補助、レジでのお会計、お薬のお渡し(調剤監査、服薬説明は薬剤師が行います)


ここまでは日常のルーチン業務です 多くの薬局と同じでしょう

ただ、その中でも幾つかこだわりがあります。

1.相手からどうやったら〇が出るか?考えて対応するよう心掛ける

大それたことでなくとも、ほんの些細な一言でも人はうれしく感じることもあればその逆もあります。十分ではないかもしれないけれど気遣いの声掛けを忘れないようにしています

2.高齢者でも服薬が少しでも楽になるように

沢山の薬を飲むときは間違いや飲み忘れが起きやすいもので、そんなときは飲みやすいように1回分の薬を1パックにまとめる作業をします。ただこのパック、高齢者にはそのままでは手でやぶれにくいようでハサミで切ったり、中には力任せに破いて中の薬が飛び散らかる方もおられて大変!パックに独自加工で簡単に破れるように加工したりしてます

そしてルーチン業務以外にも重視しているのが「健康サポート活動」です

生活習慣改善や認知症予防、関節痛緩和体操などなど、医療や薬とは別の活動で、患者さんや未病の方が主体的に病気の予防や改善に取り組めるようそのお手伝いをする活動です。地域住民の方の健康維持・改善というまさに企業理念にピッタリの活動です。ブログにも活動を投稿しています。